たまには・・・【STAFF imoto】

こんにちは。

日々商品をご紹介するのもいいんですが、

たまにはね。

素材のお話でもしてみます。

ちょっと長いです笑

本日のテーマは

誰でも必ず触れたことのある

「綿」です。

綿って言っても、ただの綿のお話ではありません。

超長綿についてです。

コットンは綿花から採っていることはご存知ですよね。  

摘み採ったコットンの繊維の長さによって、

「短繊維綿」(平均繊維長21mm以下)
「中繊維綿」(平均28mmまで)
「長繊維綿」(平均28mm以上)

と分類されてるんですが、

長繊維綿の中でも繊維長が平均35mm以上の
特別に長いものを「超長綿」と呼んでいます。    

超長綿は英国皇室御用達のコットンとして世界レベルでブランド化されている
「海島綿」(シー・アイランド・コットン Sea Island Cotton)は有名ですが、
他に、エジプト綿のギザ45、 ペルーのピマ・コットン、アメリカのスーピマ綿などがあります。

他のどのコットンよりも美しくて、シルクのような光沢があって、
カシミアのようなやわらかい肌ざわりを持っているので、
「繊維の宝石」と呼ばれています。

超長綿が持っている特徴として
・繊維長がとても長くてコットンの中では最長です。
・繊維の中空の部分は他のコットンよりも肉厚なので、
 吸湿性が優れていてしかも撚りの回数が多いので繊維そのものがふっくらとしています。
・繊維の光沢は、糸の面が光を反射するからですが、
 海島綿の反射率は他のコットンよりも50%も高いので、
 あまり光を反射しないコットンでありながら輝くような光沢を放ちます。
・繊維に含まれている油脂分は、例えば普通の綿などは0.34%ですが、、
 海島綿は0.65%と他の綿よりも多いので触った時のぬめり感が良くなり、
 身につけた時に肌触りがよい布地となっています。

「そんなすごいの?」って思った方。一度着てみて下さい。

自分もはまりそうでした。

ちなみにうちにある商品で超長綿を使用しているカットソーはこちら↓

亜洲’Sのブログ

C/W COMPACT RIB/CREW NECK CUT&SEWN

taxin 7,140

ついでにオーガニックコットンも。

オーガニックコットンとは農薬や化学肥料を使わずに、

自然のサイクルに逆らわない農法で育てられたコットン。

製品化された状態では、一般農法の綿でも洗い、

染色加工を経るために残留農薬の心配はないとされています。

主な栽培目的としては、化学肥料、農薬などによって周辺環境や土壌に悪影響がおよばないようにすることや、ファーマーや農場周辺居住者への農薬などによる影響を防ぐことがあげられます。

最近よく言われている、エコってやつですかね。

現在トルコ、アメリカ、ペルー、インドなど約18ケ国で栽培されています。

ただ、オーガニックコットンにしか出せない風合いもあるので、

それ目当てで使っているブランドさんもありますよ^^

なかなかマニアックな話かもしれませんが、

調べるとなかなか面白いものです。

買物に行って、

「このカットソー、高くねー」

って時、

スタッフさんに聞いてみると、

色々聞けるかもしれないですね☆

是非、会話を楽しんで下さい♪

では。


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です