ジーンズ 色落ち(10ヶ月) ブログ, ASHOES&SUNS WORKS A001XX JEANS|埼玉大宮亜洲’S

大宮デニム

10ヶ月経年したA001XX。青みが増しているのがわかる。

大宮デニム

10ヶ月経年のA001XX JEANS。随所に色落ち、アタリ、摩滅(裾)が見られる。

当店オリジナルジーンズの初期ロット, ASHOES&SUNS WORKS A001XX JEANS, 12.5oz. Okayama selvedge denim (rigid) の10ヶ月経年。洗濯は1回で、下の初期段階に比べて青みが増している。

未使用、初期段階のA001XX JEANS

未使用、初期段階のA001XX JEANS

1.洗濯1回による寸法と色味の変化
リジッド(生)デニムだけに、washed後の寸法変化が当然ある。

着用サイズW30; ウェスト80→76.5cm, レングス80→74cm, 裾20→18.5cm, 股上27→26cm。
ワタリに明らかな寸法変化は見られなかった。
結論として、
a) ウェストは約1サイズ=1 inch=5cm程度 小さくなる
b) レングスは縮率8%程度=6cm程度 縮む

続いて色味について。
上記写真のように、初期のドライなイメージのインディゴから青みがかった変化を見せた。
これは他のお客様着用1回の1本でも同様の色味を見たので、ほぼバラツキの無い色変であろう。

2.デスクワーク、クロスバイク通勤による後ろ身頃の変化

深いシワと色落ち

深いシワと色落ち

バックポケットの赤タグ。隠しリベット周りの磨耗と色落ち、赤タグの経年変化がわかりやすい。

バックポケットの赤タグ。隠しリベット周りの磨耗と色落ち、赤タグの経年変化がわかりやすい。

後ろ身頃。坐骨部分、小股部分に色落ちとシワが。

後ろ身頃。坐骨部分、小股部分に色落ちとシワが。

「座る」という行為が与えるジーンズへの影響は、これほど分かり易く現れる。
体格の特徴から、バックポケットの内側の2箇所、坐骨部分で色落ちが進んでいる。
また、体重と座位によって左右に大きなテンションが掛かる股部分には、深いシワが刻まれている。
当店でお客様からお預かりするリペア、裾上げジーンズをじっくり眺めると、こうした人それぞれのデニムへの影響が見て取れる。バイク乗りだったりワークブーツ着用が常だったりと、その人の時間とエネルギが確実に反映されていくもの。とても興味深いし、お客さんと一杯飲りたくなる。(笑)

3.裾のアタリ、膝裏、革パッチ

裾のアタリ。ブーツにロールアップ着用で、デニム生地の磨耗が見られる。

裾のアタリ。ブーツにロールアップ着用で、デニム生地の磨耗が見られる。

裾、チェーンステッチとアタリ

裾、チェーンステッチとアタリ

膝裏の様子

膝裏の様子

原型を留めるボタンホール。ホール縁のステッチも健在で、ボタンのホールドはまだまだ確実。

原型を留めるボタンホール。ホール縁のステッチも健在で、ボタンのホールドはまだまだ確実。

色合いが変わり艶が増した革パッチ。いい味わいに変化した。

色合いが変わり艶が増した革パッチ。いい味わいに変化した。

着用年数をいつでも把握できる、スレキ裏へのsignatureスタンプと作者サインが嬉しい。

着用年数をいつでも把握できる、スレキ裏へのsignatureスタンプと作者サインが嬉しい。

亜洲’Sでは埼玉大宮の店内工房で、ヴィンテージミシン10種以上を駆使してジーンズを縫っています。上のデニム生地(岡山産12.5 oz. セルビッジ)は一旦消化してしまい、2018年11月頃からは少し黒味を帯びた14 oz.(岡山井原産セルビッジ)に変えて、ジーンズと、更にデニムJKTの製作に移っています。

一度遊びに来ませんか?デニムの話をしましょう。

岡山 ジーンズ(井原デニム) 国産 日本製
ASHOES&SUNS WORKS A001XX JEANS Indigo14oz. [岡山 ジーンズ(井原デニム) 国産 日本製] 2018年11月から生産開始しています。(上の画像ジーンズとは原反が異なります。パターン、縫製仕様は同等)

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-452 いしいビル1階
電話番号 048-716-1928(EC事業部)
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp

カテゴリー: カジュアル,Casual, デニム, デニム日記, 亜洲’Sオリジナル | ジーンズ 色落ち(10ヶ月) ブログ, ASHOES&SUNS WORKS A001XX JEANS|埼玉大宮亜洲’S はコメントを受け付けていません。

スティーブンソンオーバーオール(STEVENSON OVERALL)デニム色落ち(3年)|埼玉大宮亜洲’S

stv1stv2

丁度3年、穿いてきたことになる、【スリムテーパード、1-washed】Stevenson Overall Co.(スティーブンソンオーバーオール)【定番】La Jolla-727(SLIM TAPERD LEG) ジーンズ。

週に数日は穿き続けて、クロスバイク往復4km通勤とデスクワークも多い着用。洗濯回数は忘れたけど、5回ぐらいじゃないかな。色落ちは楽しみたいけど、すぐに落ちるのは勘弁、ということでそれほど頻繁には洗わない。

裾の段やダメージはロールアップの跡。RED WING レッドウィング 【9196】Postman Chukka Black “Chaparral”とのセッティングが好きで、色のコントラストを出すのにロールアップ頻度が多かった。

1.寸法変化は小さい
もっと縮むかと思いきや、元来1washedで、各寸法は初期値と大して変わっていない。レングスが1cm縮んだ程度です。

stv3 stv4

2.デニムの色落ちは早くない

3年穿いても、しっかりnavyが残っている。洗濯でindigoがサッと落ちることはない。
股上部分や腿、ヒップ周りは対物磨耗による色落ち。体の骨の出っ張り(坐骨位置)や革ベルトとの摩擦、前ポケットの手入れなどである。

stv5 stv6 stv7

ダメージが多少大きく感じられたのは、ボタンホール。ホールの外周補強ステッチは3年間の脱ぎ着によって磨耗破断し、ボタンフライをホールドする強度が不足。
まあ、これも当店ASHOES SEWING FACTORYでリペアが利くので、さして不安材料にはならない。

磨耗によるデニム生地の薄化はほとんど気にならず、敢えて言えば小股の後ろ側、クロスバイクのサドルや椅子によって磨耗したと思われる箇所のみ。(リペアするに至らず)

stv8 stv9 stv10 stv11 stv12 stv13

まだまだindigoとデニム生地の厚み、存在感を感じられる3年ものでした。

【スリムテーパード、1-washed】Stevenson Overall Co.(スティーブンソンオーバーオール)【定番】La Jolla-727(SLIM TAPERD LEG)

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-452 いしいビル1階
電話番号 048-716-1928(EC事業部)
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp

カテゴリー: Stevenson Overall Co スティーブンソンオーバーオール, カジュアル,Casual, デニム, デニム日記 | スティーブンソンオーバーオール(STEVENSON OVERALL)デニム色落ち(3年)|埼玉大宮亜洲’S はコメントを受け付けていません。

岡山県井原産デニムを使ったオリジナルジーンズ|ASHOES&SUNS WORKS A001XX JEANS, 5pockets |埼玉大宮亜洲’S

国産ジーンズ 岡山井原デニム オリジナル 埼玉大宮

ASHOES&SUNS WORKS A001XX JEANS(Ver.2, 2018AW), 5pockets

埼玉大宮でジーンズを作り始めてから遂に最初の原反を消化したので、この秋冬から新たに岡山県井原産の14oz.のムラ糸デニムに切り替えました。(前作は12.5oz.)

少し黒く見える14oz.デニムは、前作12.5oz.よりも厚く重厚に感じます。ムラ糸らしく表面のムラ感や微小な毛羽、しなやかさも増しています。

DSC_0442

パターン、縫製仕様、部品functionは前作同様。
改善点としては、前ポケットが前作では奥まで深かったので、今回はスレキを短くして私の掌でも指先が到達し易い深さに留めてあります。(これでポケットの中を探り易くなりました)
(ボタンフライも月桂樹からレタード刻印に変えました)

 

[function]
裾チェーンステッチ、隠しリベット、オリジナル革パッチ、ポケット裏スレキへの「縫製日、縫製者名、使用ミシン機種、その他spec.」スタンプ、デニム部分はパーツまで全て自社製作、オリジナルパターン(型紙)、参考モデルは1947ヴィンテージジーンズ。

DSC_0441 DSC_0440 DSC_0439 DSC_0438 DSC_0435 DSC_0433 DSC_0432 DSC_0431 DSC_0430 DSC_0427
革パッチの焼印もオリジナル、手作業です。
DSC_0426
隠しリベットも健在。
DSC_0425 DSC_0424
スレキ裏のスタンプはグリーンに。前作は赤でした。
DSC_0422
ボタンフライは文字刻印デザインのものに変更。
DSC_0421 DSC_0420 DSC_0419
ムラ糸の表情。いい眺めです。
DSC_0418

ASHOES&SUNS WORKS A001XX JEANS Indigo14oz.

大宮店には作り置きの在庫サイズが揃っていますので、試着とサイズ選びが可能となっています。
当店オリジナルの第二ロットを工房に見に来ませんか?

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-452 いしいビル1階
電話番号 048-716-1928(EC事業部)
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp

カテゴリー: カジュアル,Casual, デニム, デニム日記, 亜洲’Sオリジナル | 岡山県井原産デニムを使ったオリジナルジーンズ|ASHOES&SUNS WORKS A001XX JEANS, 5pockets |埼玉大宮亜洲’S はコメントを受け付けていません。

レッドウィング ポストマンチャッカ エイジング(経年変化2年)と手入れ|埼玉大宮亜洲’Sアシューズ

レッドウィングポストマンチャッカ

2年エイジング、経年変化した状態のレッドウィングポストマンチャッカ

2018年3月末に店舗移転(大宮駅東口⇒西口桜木町)してから、本当に久し振りの投稿となりました。

私が履いている、レッドウィングポストマンチャッカは約2年ほど経年変化したので、履き始めに書いたブログからの変化を楽しみながら、書いています。少し画像を増やしてお話しましょう。

1.表面的な変化
これは何と言っても、アッパー全体の皺シワと傷、アウトソールの磨耗(爪先とかかと)です。

アッパーに皺シワが入ったレッドウィングポストマンチャッカ(2年経年)

アッパーに皺シワが入ったレッドウィングポストマンチャッカ(2年経年)

アッパーに傷が入ったレッドウィングポストマンチャッカ(2年経年)

アッパーに傷が入ったレッドウィングポストマンチャッカ(2年経年)

当たり前ですが、初期状態とはかなりの違いが見られます。
上の画像では「皮革製品の汚れ落とし&日頃のケア用」TAPIR タピール レーダーオイルで磨いた直後ですが、歩くたびに屈曲するアッパーレザーの大小シワ皺、全体の反り、クロスバイク通勤などで入る傷、爪先とかかとの磨耗。味として身に纏う風格が増しているのがわかります。

 

初期状態のレッドウィングポストマンチャッカ

初期状態のレッドウィングポストマンチャッカ

 

サイドから見た面構えもなかなかの風格です。日頃オイルブラッシングするだけで、簡単に光沢が出せるので、忙しい朝にも負担なく気持ちよくケアーできます。しかもタフですから朝の通勤ラッシュ、駆け込み乗車(危ないので控えましょう 笑)、雨風を楽しみながら風月を共に出来る頼れる相棒です。

アッパーに一定の横皺、寄れが入りますが、足入れの際に靴の上から圧縮するような、かかとを踏んづけるような履き方さえしなければ、構造を破壊せずに永く履くことができます。

エイジング2年のレッドウィングポストマンチャッカ

エイジング2年のレッドウィングポストマンチャッカ(サイド)

レッドウィングポストマンチャッカの内側タグ

レッドウィングポストマンチャッカの内側タグ

2.履き心地
当初の硬さが取れて、ソールも適度に反ってくれるので、大分歩き易くなっています。
見えない所ではインソールが既に自分の過重に沿って適度に窪んでいるので、足との一体感が感じられます。

紐が緩みやすいのですが、ここは好みです。緩い履き方でもいいですし、私はある程度フィット感が欲しいときは蝶結びを二重にしています。紐の磨耗はそれほどでもないので、この2年の間の交換はありません。

如何でしょうか、2年もののレッドウィングポストマンチャッカ。
ジーンズ、チノとも相性のいいワークブーツ。ヘビーローテーションに耐えるタフな定番として、1足キープしておくと足元の充実感が大きく変わります。

個人的には、このポストマンチャッカの次に、より高級なEsquire Black leatherを使うCaverly Chukka #9096を試したいと考えています。革の光沢感と、ドレスな印象のGro Cord Medallionソールは垂涎の的ですな。

*Red Wing Japanからのお取り寄せをサポート致します。営業日3日ほどで入荷が可能です。是非!

RED WING レッドウィング 【9196】Postman Chukka Black “Chaparral”

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-452 いしいビル1階
電話番号 048-716-1928(EC事業部)
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp

カテゴリー: RedWing レッドウィング, TAPIR タピール, レザー,leather, 秋,Autumn, 靴,Shoe, 靴磨き | 1件のコメント

スカジャンのコーディネート例(テーラー東洋)|埼玉大宮亜洲’S

スカジャンの着こなしに悩む方、結構多いようですがインナーとのコーディネート例として色々試してみました。自分のスタイルに近いものが見つかると、スカジャンも手に取りやすくなると思います。

・スカジャンとタートルネックセーター
DSC_0006 (2)

ニットはAndersen Andersenですが、街中でもこの合わせは見かけます。ニットの大人っぽさとスカジャン崩しで、お洒落です。

DSC_0007

似たイメージではインナーにワッフル素材のサーマルを着ても良いでしょう。

・スカジャンとサーマル
DSC_0012

DSC_0011

次はメリハリのあるボーダーカットソー。爽やかさ、スポーティなイメージが強まります。

・スカジャンとボーダーカットソーDSC_0010

スウェットやパーカー合わせもすんなりと。

・スカジャンとスウェット
DSC_0008

・スカジャンとパーカー
DSC_0009

最後は綺麗目シャツとの合わせです。

・スカジャンと綺麗目シャツ(ストライプ、ボタンダウン)
DSC_0015 (2)
DSC_0014 (2) DSC_0013

如何でしょうか。イメージが湧いてくれば嬉しいです。

パンツ合わせも難しく考えず、チノ、デニムやテーパード細身、流行のジョガーにも適!
色あわせで楽しめると良いですね。

ぜひワクワクして、春のスカジャンコーディネートをご検討ください。

テーラー東洋

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町3-102-1 1階
電話番号 048-650-7008
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp

カテゴリー: acetate, rayon, Suka Jacket, tailor Toyo テーラー東洋, アセテート, カジュアル,Casual, スカジャン, レーヨン | スカジャンのコーディネート例(テーラー東洋)|埼玉大宮亜洲’S はコメントを受け付けていません。

ハイラージレザーズ大戦モデルの経年変化3ヶ月|埼玉大宮亜洲’S

DSC_0198

タンニンなめしのまま、後工程の染めを入れないヌメ革。戦時中の物資統制によって、「革の染めもならん!」と言われたかもしれないと想像力を働かせて、ハイラージレザーズでは大戦モデルと呼んで製作した一枚です。
【リー大戦モチーフ】
HIGH LARGE LEATHERS ハイラージレザーズ Guthrie WW2 model

布と違って革は、着ていくことで皺や傷が増えていきますが、人に皺が刻まれるのと同様に「味」として価値を見出す楽しさを提案しています。そして、このヌメ革では、更に「色変しきへん」とする色の変化も価値として足されます。
上の画像は3ヶ月間着用したものですが、下の新品の画像と比べてみましょう。

DSC_0190

新品は例えて言うならば「赤ちゃんの肌」のように滑らかで、色味になんとなく透明感があるように感じます。照明に若干黄色が含まれるので、太陽光の下で見るともう少し白く見えることもあります。

一方3ヵ月後のヌメは、皺や擦り傷と色変、テカリが見られます。DSC_0199DSC_0201DSC_0202DSC_0205

これが半年一年と経ち、紫外線の多い季節、湿気の多い季節をくぐり、様々なストレス(摩擦、テンション、曲げ)を与えながら、どのように変化していくのかが楽しみになります。

埼玉大宮店では、この3ヶ月実使用サンプルを試着頂くことができます。サイズ感と経年変化を同時に確認しつつ、店頭で大戦モデルの吟味をお楽しみ下さい。

(編集後記)一昨年から特にデニム、レザー製品の「経年変化」にフォーカスした仕事を強めています。デニムは綾織組織で、表面あるいは繊維の内部まで入った染料がモノとの摩擦で色落ちしていきます。レザーは上述の通り、もう少し複雑な変化を見せることで、味わい深さも多様化しますし、耐用年数も長くなります。
大宮店に来店されるお客様とは、こうした変化に関するお話や、互いの鑑賞を続けることが大きな楽しみになっており、更にケアー(革であればオイル、ワックスについての経験値)にも話が及んでいきます。
レッドウィングのソールリペアサービスもスタートしましたが、「長く大事に使う価値観、良い物を選ぶ本質とその提供」という考えを大切にしています。

HIGH LARGE LEATHERS ハイラージレザーズ

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町3-102-1 1階
電話番号 048-650-7008
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp

 

カテゴリー: HIGH LARGE LEATHERS ハイラージレザーズ, カジュアル,Casual, レザー,leather | ハイラージレザーズ大戦モデルの経年変化3ヶ月|埼玉大宮亜洲’S はコメントを受け付けていません。

Vasco ヴァスコトートバッグの凄み|埼玉大宮亜洲’S

dsc_0175

モノに備わる質感やエネルギは、素材が持つエネルギや手仕事の丁寧さの足し算と掛け算だなと感じることがあります。
その昔、機械エンジニアだった頃、先輩方から「設計者の良心」という言葉を聞きました。ある用途に対して構造設計を行う際に、特にコスト面から「このぐらいでいいや(問題は起きない)」というふうに上限をわずかに下げる考えが生まれがちですが、そこを、「いや、わずかでも強度を上げておくことで、不具合の確率を減らしておこう。」という思考です。

モノを作る職人さんの手仕事では、それが作品に現れ易いと思います。上の写真は、
Vasco ヴァスコ CANVAS×LEATHER POSTMAN TOTE BAG(ASHOES別注) NATURAL
の縫い目上端(バッグの上部、口の上端)ですが、帆布2枚と革の3層構造になっているのがお分かりになるでしょうか。

トートバッグのボディになる帆布の上端に革を縫い付け、その端部を丸めておいて、帆布を縫い合わせて袋状にする時に革同士も縫い合わせ、端部が見えないようにもう一枚、帆布を重ねてバッグの上端を一周縫い上げる仕事。

vas66067-1

dsc_0176

フェルトを贅沢に厚くして、持った時、肩に掛けた時の硬めのレザーが当たるショックをマイルドにする仕事もそうです。

下の画像では、帆布ボディに持ち手を縫い付けた部分ですが、一番負荷がかかるU字型ステッチの上端は二度縫い(同じ運針で2回縫う)になっていました。強度を2倍にしてあるわけです。

dsc_0182

このように、見た目からは分かり難い細かい所に気を遣い、職人の良心をさり気なく入れ込む作品は、使う者にもオーナーシップの意識を高めてくれます。

帆布内部に薄く控えめに捺印されたブランドロゴ。気をつけないと気付きにくい。

dsc_0177

dsc_0181

ボディのサイドに配された3つの鋲。これはなんと鉄を使っており、使うほどに錆が生ずる仕掛け。ブランドの所以からも、船の長旅で帆布や金属にヴィンテージ感が備わる経年変化を、予め織り込んであるということ。dsc_0183

硫化染めされたオリーブカラーの帆布には、既に当たり、色落ちのヴィンテージ感が現れ始めており、好奇心を最大限に揺さぶってくれます。

vas66068-1

この2色のトートバッグは、帆布の色と革の色の組合せが定番とは異なっていて、帆布色×ブラウンレザーの当店別注色として生産して頂きました。長くご愛用頂きたい逸品です。

Vasco ヴァスコ CANVAS×LEATHER POSTMAN TOTE BAG(ASHOES別注) NATURAL

Vasco ヴァスコ CANVAS×LEATHER POSTMAN TOTE BAG(ASHOES別注) OLIVE

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町3-102-1 1階
電話番号 048-650-7008
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp

カテゴリー: vasco ヴァスコ, カジュアル,Casual, レザー,leather | Vasco ヴァスコトートバッグの凄み|埼玉大宮亜洲’S はコメントを受け付けていません。

レッドウィング ポストマンチャッカのサイズ感(徒歩40km)|埼玉大宮亜洲’Sアシューズ

dsc_0168

入荷したばかりの、Red Wing Postman Chukka #9196, ポストマンチャッカ, black chaparral. 約2週間、自身での着用による変化をリポートします。

『レッドウィング ポストマンチャッカ エイジング(経年変化2年)と手入れ』の記事もお読み下さい。

1.サイズ選びは普段のジャストサイズで
普段25.5-26.0cmを履く私は、US 7.5inchをチョイスしました。cm表記では25.5cmに該当するので、いわゆるジャストサイズでの試着です。(結果、正解でした)

dsc_0125

dsc_0104

2.最初は硬い、通過儀礼
希望の味付けはなんと言っても甲のシワ入れです。自然に皺が刻まれたら良いと思っていましたが、一つだけ大きな壁が立ちはだかりました。思ったよりレザーが硬い(初期値)のです。
結果、履き続ける中で1週間だけ頑張ったことがあります(笑)。
・最初に爪先立ちにして、甲にシワを「入れる」
・ベロとくるぶし周りに革が当たるので痛い⇒絆創膏を貼り、厚めのソックスを履いて「耐える」
この2点です。この通過儀礼から逃げてはいけません。越えた先に、ユートピアが待っているのです。(別世界です、本当に!)
*どこかの原住民が、蔦を足に絡ませて高所から飛び降りることで、成人の儀を終える、そんなもんです。

3.10日目ぐらいから馴染んでくる
日々の通勤は、クロスバイク4km, 徒歩5,000歩(約3km), 電車駆け込みや階段が含まれていますが、これを約10日間行いますと徐々にPostmanが馴染んできました。
甲のレザーに歩く皺が記憶され、ベロとくるぶし周りのレザーが少し柔らかくなって、当たっても痛く感じなくなります。(絆創膏を貼った足の小さな傷は、既に目立たなくなっている)
甲のレザーにはまだ固さが感じられて、皺による屈曲性がまだ硬いバネのようなイメージです。

また、この頃から「紐の解け」が気になるようになります。レースホールは3穴で紐も滑らかで細い平紐ですが、しっかり結んでも歩いているとすぐに緩んでしまう。歩く時のテンションに結び目が負けてしまうんですね。
⇒ 対策を考えた中でベストだったのは、蝶結びの前に2本の紐を2回くぐらせて(通常1回)から、蝶結びをする。これで上記通勤距離での緩みは無くなりました。多少走っても大丈夫ですし、羽根のフィット感が維持されています。

4.2週間ぐらいから快適性が格段にアップ
最新の感触(2週間)として、「快適」そのものになってきました。
甲の皺は歩く時の折り曲げ角度に何度も追従し、足に当たる部分のレザーに攻撃性は失せ(笑)、微かにインナーソールもフィット感が高まっているようです。何より歩いていて、自慢のクッションクレープソールが地面を捉える感触とソフトさが感じられて、歩くのが楽しくなっています。

こうしてPostman Chukkaにも見た目の変化が明らかになっていきます。

dsc_0172

dsc_0166

dsc_0163

dsc_0171

如何でしょうか、いい面構えになってきたと思いませんか?
まだ何もポリッシュ(磨き)をかけておらず、冬の乾燥空気、雨、ほこりで鍛えられていますが、軽くブラッシングするだけで光沢は維持されています。

全米の郵便配達人ポストマンがこれを履いて、大事な手紙や郵便物を配って回ったサービスシューズの実力の片鱗を見た思いです。一生付き合える気がしています。

次回は1ヶ月ぐらい、約100km程度歩いた結果をリポートしたいと考えています。お楽しみに!

『レッドウィング ポストマンチャッカ エイジング(経年変化2年)と手入れ』の記事もお読み下さい。

RED WING レッドウィング 【9196】Postman Chukka Black “Chaparral”

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町3-102-1 1階
電話番号 048-650-7008
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp

カテゴリー: RedWing レッドウィング, レザー,leather, 靴,Shoe | レッドウィング ポストマンチャッカのサイズ感(徒歩40km)|埼玉大宮亜洲’Sアシューズ はコメントを受け付けていません。

Red Wing Klondike レッドウィングクロンダイク|埼玉大宮亜洲’S

dsc_0090
写真 下)クロンダイクのEngineer #9268, 上)革の芯まで黒いblack chromeのEngineer “2268

12月から亜洲’Sで取扱OKとなった、Red WingのKlondikeクロンダイクとIrish Setterアイリッシュセッターのカテゴリーですが、何故亜洲’Sがそれをセレクトするのか、何が凄いのかについてお話しておきたいと思います。

(用語)
・Klondike leather クロンダイク(皮革)
昔のレッドウィング(特にエンジニア)の黒レザーは、履くうちに色落ちしていくと、徐々に焦げ茶に見えていきました。これは、表面が黒塗装、内側は茶のクラスト(二次なめし後、染など仕上げ工程前の革)であることから、中の茶色が現れてくる現象ですが、当時からこれが「味」として絶賛されていたのです。⇒ これを茶芯と呼びます。

その後、塗料の有機溶剤が世界的な環境問題となって、従来の黒塗装が出来なくなってしまいます。世界でも数少ない革のタンナーであるレッドウィング社は、水性塗料を開発することで環境問題をクリアーし、更に水性塗料と親和性の高い(油分を減らした)レザーを同時開発して、以前の茶芯の色味、風合い、色落ちを再現することに成功しました。これがクロンダイクです。

つまり、昔のヴィンテージブーツの茶芯、色落ちを復活させたということで、大変価値の高い仕事だったわけです。このKlondike仕様は、数あるレッドウィングシューズでもほんの一部(5型程度)のみ採用であり、とても貴重なモデルとなっています。⇒ Klondike仕様モデル=#9268(Eng.), #9210(Log.), #9874(Moc), #9870(Round), #9894(Oxf.2017SS new)

dsc_0088

dsc_0096

dsc_0064

ところで、このクロンダイクをセレクトした亜洲’Sですが、このKlondikeは「一部の販売店舗のみでの取り扱い」という店舗限定versionなんですな。亜洲’Sでは約20年前にRed Wingの直輸入を始めましたが、昨年Red Wing Japan社から正規取扱店の契約を頂いて、これらのセレクトが出来るようになったのです。当時輸入した#2268も茶芯であることが目で見て分かるので、茶芯の醍醐味を今日お届けできることはとても嬉しい。店頭でその20年経年変化エンジニアもご覧頂けますので、是非ご来店下さい。

RED WING レッドウィング

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町3-102-1 1階
電話番号 048-650-7008
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp

カテゴリー: RedWing レッドウィング, レザー,leather, 靴,Shoe | Red Wing Klondike レッドウィングクロンダイク|埼玉大宮亜洲’S はコメントを受け付けていません。

HIGH LARGE LEATHERS ハイラージレザーズ。その特異なパターン|埼玉大宮亜洲’S

dsc_0043

雑誌Lightningライトニングでも度々紹介されるHIGH LARGE LEATHERSハイラージレザーズ。貴重な馬皮をベジタブルタンニン(なめし)、アニリン(染色)仕上げするハイラージですが、素材の追求だけでなく”Gジャンをベースにした「服」である”という強い特徴があります。

<HIGH LARGE LEATHERS:「服」の特徴>
1.馬革専門である。農耕用、食用、競争用途から激減した馬のホースハイドは、今では貴重です。
2.服のパターンはGジャンを起点にしているが、「革」の特質を考慮して独自のパターンを引いている。

その一例が、上の写真に現れています。

「(Lightning vol.273転載)
通常デニムジャケットの袖の付け方というのはシャツを作る要領で作られているんです。これを馬革で再現してしまうと、着用した時に肩や胸、袖などに革が余ってしまい、フォルムが崩れてしまうんです。そのため、袖の付け方はライダースの方法で付けています。」

上の写真では、GジャンとガスリーGuthrieを対比していますが、袖の角度が明らかに異なります。Gジャンは袖の角度が上で、ガスリーは下に下がっています。

続いて下の写真は、「鉛直な身頃と、前方に向いた袖」を示すものです。

dsc_0051

dsc_0048

初期的に硬い革を着たときに、「気を付け!」の姿勢は不自然で着心地も辛い(笑)。ライダースJKTではバイクに跨ってハンドルを握る前傾姿勢が標準であり、人が服を着て楽な姿勢をとる際には自然に両手はやや前に出ているものです。

こうした事を、ホースハイドの性質、人の自然な姿勢、服としての着心地、見栄えをトータルで考慮した独自パターンを考案しているわけです。⇒だから、ジャストサイズで着て欲しい!!

一般的な黒が先に売れてしまいがちですが、ベジタブルタンニンなめし(後工程の染色無し)による「タンニンの色」がそのまま出ているヌメ革の大戦モデルは、経年変化を最大限に楽しむspec.になっているので、今までにない「革の遊び方」として強くお奨めしています。

下の画像は数ヶ月着用でヌメからやや色濃くなった状態です。ここから更に飴色に向かっていきます。
hig67825-2

HIGH LARGE LEATHERS ハイラージレザーズ

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町3-102-1 1階
電話番号 048-650-7008
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp

dsc_0056

カテゴリー: HIGH LARGE LEATHERS ハイラージレザーズ, カジュアル,Casual, レザー,leather, 未分類 | HIGH LARGE LEATHERS ハイラージレザーズ。その特異なパターン|埼玉大宮亜洲’S はコメントを受け付けていません。