ウォバッシュストライプEngineer Pant|Sugar Cane|埼玉大宮亜洲’S

sug67218-1

SUGAR CANE シュガーケーン 9oz. WABASH STRIPE ENGINEER PANTS

wabashウォバッシュストライプと読みます。実はジーンズと同じぐらい長い歴史のある、ワークウェアの生地です。その歴史と、このシュガーケーンの意外な接点を簡単にお話しましょう。

服は生地から発生する通り、wabash stripeウォバッシュストライプもその生地生産が発端です。
その昔、1833年頃。ドイツ移民のJohann Ludwig STIFELさんが興したSTIFEL社。(インド産綿を染めた生地を販売) 抜染技術による彼のデザインがWABASH stripeウォバッシュストライプです。
この生地で縫製された作業着は鉄道員に好まれたようで、エンジニアパンツ、シャツ、ジャンパー、オーバーオールなどに多く使われたそうです。(当時の広告の写真が残っています)
下の画像の、手に持つランプの左側にあるのがトレードマークで、エンジニアブーツの形をしたマークの中にSTIFELと書いてあります。(品質の証です)

11420783_423496121163323_1522707527_n

ジーンズ企業のように現代まで長く続かなかったようで、ウォバッシュストライプは製品として表舞台に出ずにアーカイブ的に残るままになっていたようですが、以前のジーンズやワークウェアブームが来た時に見直され、現代のワークウェア、カジュアルファッションとして引っ張り出されたものです。

さて、ここからいきなり現代に飛んで、最初のSUGAR CANE シュガーケーン 9oz. WABASH STRIPE ENGINEER PANTSに戻りましょう。

↓洒落が効いているシュガーケーンのデザイン。
DSC_0326

上述の歴史から、このデザインはピン!と来ますね。ロングブーツの中にSUGARCANEとプリントされています。STIFEL社と登録商標(有ったのか?)が消滅したので、こうして皆のものとしてデザインできるのでしょう。

↓鉄が錆びたようなデザインでこだわったボタンフライ
DSC_0325
インディゴ生地に細かいドットで染める技法が捺染。遠くからはストライプに見えます。
一般的なデニムよりも薄い9 oz.でソフトで穿きやすい。

↓バックシンチが付いています。
DSC_0330

↓左のバックポケット中に縫われたギャランティーと、内側から見たジグザグの縫い目には味があります。
DSC_0331DSC_0333

↓インシーム、アウトシーム、そして股からバックシンチに向かって縫い上げる下糸は赤いステッチ。外からは見えませんが、このこだわりには痺れます。
DSC_0328

因みにドイツ語 Stiefel は長靴、ブーツという意味で、Stifel 氏の綴りに近いのも興味深いですね。

やや太め、1930年頃のシルエットを再現した、歴史とこだわりが詰まったワークパンツ。是非お楽しみ下さい。
sug67218-1
SUGAR CANE シュガーケーン 9oz. WABASH STRIPE ENGINEER PANTS

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町3-102-1 1階
電話番号 048-650-7008
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp


カテゴリー: SUGAR CANE シュガーケーン, wabash, ウォバッシュ, カジュアル,Casual パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です