時代【imoto】

こんにちは、井本です。

昨日は休みを利用して、

ひたすら家でDVDを見続けるという始末。笑

見たかったものを片っ端から借りて、

一人上映会でした。笑

そんな中で、

是非ともオススメなのが、コチラ↓
亜洲’Sのブログ

アメリカン・ギャングスター

です。

ストーリーは実話を基にして作成されたという点が注目すべき点でしょうが、

私は、相変わらず豪華キャストの衣装に目が釘付け・・・笑

1960年代~70年代のアメリカといえば、

「戦争・麻薬・犯罪」というキーワードなしには考えられない時代。

映画には当時のスタイルを色濃く反映されていたと思います。

中でも、印象的だったのはラッセル・クロウの衣装の一つ。

ボロボロのテーラードタイプのレザージャケットに裾足らずのフレア気味のデニム。

インナーは派手な柄のシャツをパンツイン。

「ダサいけど、かっこいい」

私はそう感じました。

他にも面白い衣装が沢山あったので、お時間がある方は是非観て下さい。

雑誌やスナップサイトのスタイリングだけではなく、

歴史から見てみるのも面白いですよ。

ただ、そのまんまではなく、自分なりにアレンジするとまた楽しいかと。

また時間があるときにでも何かご紹介したいと思います。

亜洲’sのホームページ


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です