色落ち

ここ数日、ジーンズ話をすることが多いのでピックアップ。
店頭で「ジーンズを穿いたことがない。」という方も意外と多い事実に驚きです。
また、加工モノなども多く、ここ最近では忠実に再現されていて見間違えるようなものも御座います。
が、しかし、
やはり人間それぞれ癖はあるもの。
生活スタイルによってはアタリ・色落ちも千差万別。
よって唯一無二な自分仕様のジーンズというのは素敵なことなのでは?
とちょっと熱の入った発言をすると煙たがられてしまうので、
私が穿き込んだものをご紹介↓
亜洲’Sのブログ
BIG JOHN RARE JEANS ノンウォッシュの状態
約2年穿くと、

亜洲’Sのブログ
亜洲’Sのブログ
亜洲’Sのブログ
亜洲’Sのブログ
亜洲’Sのブログ
このような状態に。
正直、汚いという評価は抜きにして、(苦笑)
自分の癖が如実に表れており、ここまでくるともはや分身かと。(それは言いすぎデスガ・・・)
もちろん、
本当に素晴らしい生地を使ったジーンズだからこそ、
タフに穿けて色落ちも楽しめるというもんです。
実際、全く破れていません。
手軽に買えて、色が落ちれば買い替える。
そういうものをお探しの方はそれはそれで否定はしません。(個人の価値観なので)
ただ、
この写真を見て、
少しでも興味をお持ちの方は是非ご相談下さい。
個人的にもオススメの一本をご紹介致します。

私もそろそろ新たな一本を加えようと企んでいる最中。
悩まれている方、
是非2012年最後のお買い物をジーンズで締めましょう。笑


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です