高級ニットを秋冬アウターに選ぶメリットについて(アンデルセンアンデルセン セーター, Andersen Andersen)|埼玉大宮亜洲’S

秋冬のアウターにニット、セーターを選ぶ方、意外と少ないような気がします。なぜでしょうか?

(ニットをアウターにしたくない理由)
・着膨れする/延びて型崩れする/風が通って寒い、アウターにならない/野暮ったいイメージでファッショナブルじゃない

こんなところでしょうか。それは勿体無いです。

and1

and2

例えばジャケットを重ねて大人の着こなし、あるいはワークスタイルにもなります。
決して、野暮ったいというデマを恐れる必要はありません。

着こなしのイメージヒントで少しワクワクしてきたところ、次に高級ニットの機能性を考えてみます。

(高級ニットをアウターに着るとしたら、何を期待しますか)
1.そもそもアウターに活用できること
求められる機能として、保温性、防風性、吸湿性(汗をかく)があるでしょう。

2.しっかりした、良いものを選びたい
そこそこに厚地である、型崩れしない、動きやすいこと。
そして高級感を満足させてくれる品質トータル。

3.飽きない、長く愛用したい
流行を追わない定番的デザイン。オーソドックスでいて、やはり高級感をイメージできる表情。

4.ファッショナブルであること
着て、合わせて、ファッショナブルであること。また着たいと思える美的感覚。

これらに対して一つの答えを出しました。当店がセレクトした、「アンデルセンアンデルセン セーター: Andersen Andersen」です。

(アンデルセンアンデルセンの特徴)
・高級品質:南米産メリノウール+梳毛双糸(長い良い繊維にする)、世界でも最高級イタリアでの紡績・ニッティング・リンキング
・しっかりした良いもの:5G、両畦編という厚地、防風性、保温性、吸湿性(汗、蒸れを吸う)
・飽きない、長く愛用:美しい畝、フィット感のあるパターン(ボテッとしない)

selected_yarn

linging2

そもそも「ニット」の歴史は、紀元前のアラビア遊牧民の手編みソックスから始まり、西方⇒エジプト⇒地中海沿岸⇒ヨーロッパに移動した後、北欧に渡ってセーターの形に発展したと言われています。
世界史紀元前後5000年の歴史において、当初は東⇒西に陸地を制覇するように戦力(馬と弓)と鉄器が使われましたが、中国と東南アジア沿岸の海洋族、海賊勢力の誕生、その後、地中海沿岸の勢力争いから、北欧において船で海を渡って侵略する戦力に変わっていきます。

この時に海洋国家として力を増したのが今のデンマーク、ヴァイキングだったようです。

and3

長くなりましたが(笑)、このデンマークの歴史の中で、船乗り、海軍、フィッシャーマンに愛されてきたのが「セーラーセーター、フィッシャーマンセーター」なのです。海風に負けない防風性、保温性、船上での動きを邪魔しない動きやすさ(伸縮性)、暗闇でも間違えない前後同じ身頃、手の甲も守るサムホール、作業で汗をかいても吸湿発散してくれる上質ウール、これらを実用的に適えてきた歴史があります。

アンデルセンアンデルセンは創業者の夫婦の名前をダブルにしたネームで、この古き佳きセーラーセーターの技法が消えることを憂えて、自らがセーラーセーターを作ろうと決心したのが発端です。

and4

a-a-c-p3
この歴史と技法、品質を守る為に、アンデルセンアンデルセンは、

・高級品質の南米産メリノウール+梳毛双糸(繊維が長く良くなる)でオリジナルウールを作る
・紡績、ニッティングは世界トップクラスを誇るイタリアで行う(含むリンキング)
・ファッション性を高めるデザインアイディアをイタリアからも集めたでしょう

これらを結実させたそうです。

アンデルセンアンデルセンのセーターは税込みで¥42,000しますが、ちょっとしたアウターと同等の価格帯です。
しかし、上述の機能性やファッション性を兼ね備えた高級ニットが一枚あれば、普段着慣れなかったニットでファッションがより広く楽しめるようになると強く思います。

秋冬のニットは、このアンデルセンアンデルセンが一枚あれば大丈夫です。
タートルネック/クルー丸首、 ブルー(濃紺)/グレー/ホワイト からお選び下さい。

and5and6and7and8

南米産メリノウール原毛/紡績・編みmade in Italy/5ゲージ、両畦編
ANDERSEN-ANDERSEN アンデルセンアンデルセン
http://www.ashoes.co.jp/fs/ashoes/c/andersenandersen

 

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町3-102-1 1階
電話番号 048-650-7008
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp


カテゴリー: ANDERSEN-ANDERSEN アンデルセンアンデルセン, merino wool, カジュアル,Casual, メリノウール, モード,mode, 冬,Winter, 秋,Autumn パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です