メイカーズMakersのV TIP BLUCHER #4を選ぶ 埼玉大宮亜洲’S

http://www.ashoes.co.jp/fs/ashoes/c/makersメイカーズMakers

本当に久し振りの結婚披露宴に列席する為、細かいドットが入るダークブラウン(一見グレー)スーツの足元に選んだ、Makersメイカーズ V TIP BLUCHER #4色

1.まず、型の選択肢として「スーツあわせ」であることから、ローファー、チャッカ、サイドゴア、ブーツを除外しました。ここはすんなりと決めました。 ⇒結果としてデザインに特徴あるV Tipに

2.次に色です。メイカーズMakers V TIPには4色あって、黒、ダークコニャック、バーガンディ、そして一番薄い色の#4があります。
汎用性から黒にすべきかと考えましたが、生憎、私のサイズが在庫に無く除外。
次に茶系3色(ダークコニャック、バーガンディ、#4)です。

当初、ダークコニャック(こげ茶様の色)の色の深み、グレースーツに濃いトーンの色(黒かこげ茶)、と考えていたのですが、なんと!⇒検討していたその日に、myサイズが大宮店頭であるお客様に「もらわれて」いったのです。(笑) 結果、ダークコニャックは断念。

次に同様の嗜好からバーガンディに目を移します。(もう、ここら辺から「結局どの色も悪くないんだろ?」と頭の中でささやく声が聞こえていましたが 笑)
例えは悪いですが、昔捕まえた希少なアカ(クワガタ虫)の赤茶を彷彿とさせてくれるので、自分としても「希少、高級」というイメージが離れません。今まで赤茶、バーガンディの靴を持っていないこともあって、憧れ感が否めない。

ここで、いよいよスタイリングに持ち込みます。服にあわせて、実際に目で見たらどうなのか。
それからこの、メイカーズMakersの靴の魅力、すなわち、コードバン、オールデンと同等のホーウィーン シェルコードバン 特1級レザーで、かつ日本製、made in Japan。さらにフォーマル用途はもちろん、デニムなどのワークスタイルにも「適合」する汎用性。この多用途という価値が、特に高級品に加わると鬼に金棒です。つまり、実は購入単価が下がることにつながります。10万円の靴を年1回履くのと、10回履くのとでは、10倍美味しい方がいいわけです。(なんだか面倒くさくなってきました)

要は(笑)、メイカーズはフォーマルにもワークカジュアルにも行ける多用途=楽しむシーンが増えるわけです。さて、話を戻しましょう。

スーツにあわせてバーガンディと#4を比較しました。家族にも見てもらった結果は。。。。。。。。。
⇒「どっちも良いね!(確かにそうだ。だから悩んでいるのに)」
背中を押してくれるどころか、袋小路に迷い込みました。ピンチです。
こうなれば、別の視点、価値観を与えてくれる人に聞いてみるしかないですね。社内でこのメイカーズMakersのセレクトを率先垂範した人物を尋ねます。(横にいるけどね)

<メイカーズMakersのポイントと結論>
1.革が非常に貴重なのは説明済み。それに色をつけているわけですが、#4番色というものは色むらや染色時安定性が低いので、なかなかシューズメーカーはやりたがらない。つまり希少性が非常に高い。(高いコードバン原皮を無駄にしたくない) そこを、このメイカーズMakersは高い技術でクリアーしている。
2.次に、この#4はヌメ革同等に、色の変化が分かり易い=経年変化を楽しむものであり、それはリジッド(生, non wash)ジーンズの色落ちに通ずる楽しさ、価値を持つものです。長く楽しめる価値であり、その変化を互いにお話できるという点でも共感を得易い。=人と分かち合える価値。
(なんだかまた少し面倒くさくなってきた)
3.結論! 特段服に合わないというリスクや好みとの相違が無ければ、今回は#4番色にすべし。⇒この時点で、手持ちのスーツと、新たに入手している濃紺生デニムと#4との相性を確認済み(どちらもOK)の自分として、先ほどの「多様性、汎用性」を既に入手したくなっている。さらに、#4単体の今後の変化を楽しめるという価値まで欲張り始めていることに、遂に気付くわけです。

<#4の使用感>
ええ、既に買いました。履いて出掛けました、今日。(笑) 埼玉県から都内恵比寿まで往復です。

1.足とのフィット感、恐るべしです。
私は昔スキーをやっていまして、どちらかというとコブ斜面や、整地でも競技スキー的な滑りを追い求めましたので、特に「ブーツのフィット感」に強くこだわった経験があります。ロス無く力を板に伝えてくれる、しかも中に入れた足が痛くならない、キツ過ぎず緩くないホールド感と板の操作性。そのトップに君臨したブーツメーカーLangeラングの着用感のような、足のホールド、フィット感を思い出させるようなメイカーズMakersでした。これは履いてみないと伝わりませんが、とても衝撃的な感想なのです!
2.ツヤと色
良い時計をはめると、時間はさっき見たのにまた盤面を見たくなりませんか?それです、それ!
メイカーズMakersのホーウィーン シェルコードバン 特1級の色艶、#4番色の味わい、とにかく「見ること」に飽きません。物凄く満足感が高いわけです。
3.今日は雨。滑る。
これは仕方ありません。それを実感してから、注意して歩けば良い訳です。慣れるまでは電車のドアに駆け込むなど、一切控えます。

さあ、如何でしたでしょうか?この高級紳士靴メイカーズMakersを履きたいけど、勇気が出ない方の参考になれば嬉しいですし、お近くにお寄りの際はぜひ亜洲’Sアシューズ大宮店にお越し下さい。ほぼ全員がメイカーズMakersを履く亜洲’Sスタッフが、その実感やお奨めポイントなど、楽しく熱くお話致します。ぜひ気軽に遊びに来て下さい。

Makers メイカーズ

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町3-102-1 1階
電話番号 048-650-7008
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp


カテゴリー: Makers メイカーズ, カジュアル,Casual, コードヴァン,cordovan, スタイリング, モード,mode, レザー,leather, 靴,Shoe タグ: パーマリンク

メイカーズMakersのV TIP BLUCHER #4を選ぶ 埼玉大宮亜洲’S への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Makers (メイカーズ) のサイズ選びについて(V TIP BLUCHER) 埼玉 大宮 亜洲’S | メンズファッション セレクトショップ 埼玉大宮|亜洲’Sアシューズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です