山内 ハコムラ絞り ジップアップジャケット|埼玉大宮亜洲’S

本日は2016S/Sより新たに取り扱わせていただくブランド「山内」のジャケットをご紹介です。

まずはブランドのご紹介です↓

DSC_0288
「山内」の服は、全て日本人の手によって作られています。私は日本人ですから、日本のもの作りを基盤に服を作りたいと思っています。しかし、世界のグローバル化が進むにつれ、服作りの現場がなくなってきているのが、日本の現状です。

そ もそも技術や伝統は意識的に続けようとしなければ終わってしまうと思う。いかに効率よくお金を稼ぐという事が、今の流れであるならば、もの作りや伝統なん て物は簡単になくなってしまう。すぐに結果を求めるあまり、現場を振り回していれば、技術も製品の質も向上しない。よいもの作りには、お互いの人間関係を 深めていく時間がどうしても必要です。そうしてお互いを理解して、日本の技術、日本人の感性で作ったものは、必ず伝わるはずです。

日本に は素晴らしい技術を持った工場さん、日本人の細やかな気遣いやセンスを持った職人さんが、少なくはなってきていますが、まだまだいらっしゃいます。そうし た方達と残るもの作りをしていれば、日本の服作りの現場価値が高まり、もっともっと必要とされるはずです。国境を越えた考え方をするよりも、日本に回帰し て、足並み、気持ちのベクトルを揃えることにより、美しいもの作りが出来るのではないかと思います。

作 / 山内

以前からこちらのブランドは気になっていましたが、
2015年にブランド名を変更されてから一層方向性が定まり発信が強まった印象を受けまして、お声を掛けさせていただきました。

実は2015年末に先行してシャツを納品いただいたのですが、完売。(ありがとうございます)

現在ご用意している物もサイズ完売・色完売が出ていますので、是非ご覧ください。

では、ご紹介させていただきます↓DSC_0274

山内
ハコムラ絞り ジップアップジャケット

¥65,000 + 税
size:2

DSC_0278

まずは目を引くこの柄です。
デザイナーの山内さんは名古屋を拠点に活動されておりまして、このハコムラ絞りも名古屋発祥「有松絞り」の一種だそうです。


江戸時代から絞り染めの街として栄えた名古屋の「有松」発祥、「有松絞り」。
伝統工芸でありながら、年々需要減に伴い職人が激減している状況の中、若い 職人と山内さんが協力して新たな絞りを開発し、毎シーズン何らかの形で必ず洋服に取り入れているそうです。

国内某コレクションブランドも、オーダー数の多い少ないに関係なく、毎シーズン必ず取り入れているそうです。工場を常に稼働させることで、職人に仕事を依頼し続け、伝統を絶やしてはいけない、そんな想いがあると感じました。

DSC_0276 DSC_0277 「山内」の洋服を見て、グッとくるのは縫製の美しさでした。
山内さんにお伺いすると、縫製職人一人が丸縫いしているとのことです。時には体調の変化さえも仕上がりに影響するようで、ラインで仕上げている量産とは別物の仕上がりとなります。

DSC_0279

そして、こちらのリブ。
間に走るミシン目はすべて職人が一本一本たたき付けています。途中で作業を止めてしまうことなく、縫い上げるまで集中して行うようです。
非常に細かいピッチで走ったミシン目により、通常のリブでは出せない、品のある仕上がりです。リブ一つで洋服全体の印象が変わるのは初めて見ました。

DSC_0281

内側も美しく縫い上げられたポケットが両側に。

DSC_0280

DSC_0283

通常でしたら「ブルゾン」と呼ぶであろう型ですが、後ろ姿や袖付け、裏地の仕様など、「ジャケット」と呼ぶに相応しい仕立てです。袖を通した時には、なお一層感じさせます。

DSC_0282「山内」のすべての洋服には、「縫製者タグ」が品質表示と一緒に取り付けられています。

以下は、山内さんの言葉です。

私自身、洋服を作る中で、縫製の行程が特に好きです。
すごく繊細な技術がいりますし、生地により細かく縫い方を調整します。
どれだけの生地を触ってきたかの経験値も必要だと思います。
縫製者の技術により出来上がりには、歴然とした差が生まれます。

大変な技術職なのですが、現在の日本のアパレル業界ではおそらく一番過酷で賃金も安く、注目されない職業です。
素晴らしい技術を持った縫製者の方でも、外国の安い縫製工賃設定で仕事をしている方はたくさんいます。

「山内」の商品の縫製を行っている方は、私自身がその方の縫製技術や縫製に対しての気持ちを確認し、この方であれば間違いないと思える技術者にお願いしています。
当然商品の価格は上がりますが、仕上がりには納得していただけると思います。

日本の縫製技術者の価値を知っていただくとともに、縫製者への尊敬を込めて、縫製者タグを取り付けています。

量産が当然となりつつある今、最後まで責任を持って真摯に取り組まれている稀有な方です。

 

DSC_0284 DSC_0285

◆JACKET
山内 ハコムラ絞り ジップアップジャケット
175cm 60kg が size:2を着用しています

◆SHIRT
山内 スーピマコットンシャツ White

◆PANTS
山内 リネン鹿の子 ニットパンツ Light Gray

◆SHOES
Makers (メイカーズ) V TIP BLUCHER BLACK

「山内」の洋服には突飛なデザインやシルエットは御座いません。
さらに、素材への拘りも徹底しているので、窮屈感なく楽な着心地です。

DSC_0286 DSC_0287

◆JACKET
山内 ハコムラ絞り ジップアップジャケット
175cm 60kg が size:2を着用しています

◆L/S Tee
Standard California SD Waffle Thermal Henley Neck

◆PANTS
ASHOES & SUNS WORKS JEANS(Lot A01XX)

◆SHOES
Makers (メイカーズ) V TIP BLUCHER #4

◆BRACELET
Mont Livre (モントリーブル) インディアンジュエリー

洋服としてはベーシックな見た目なので、カジュアルスタイルにも取り入れていただけます。
スタイルに品の良さがプラスされます。

 

如何でしたでしょうか。
ブランドの知名度としてはまだまだ無名な規模ですが、自信をもってお勧めします。
近隣にお住まいの方は、亜洲’S大宮店にて、一度お試しください。

 

店舗名 Ashoes メンズセレクトショップ 亜洲’S アシューズ
所在地 330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町3-102-1 1階
電話番号 048-650-7008
メールアドレス support2@ashoes.co.jp
ホームページURL http://www.ashoes.co.jp


カテゴリー: Makers メイカーズ, STANDARD CALIFORNIA スタンダードカリフォルニア, カジュアル,Casual, スタイリング, モード,mode, 山内 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です