brusco,k シャツ入荷

こんにちは、
と書き出して気付けばこんばんはです。
STAFF 井本です。
御来店頂くお客様はご存知かと思いますが、
当店、立ち上がりが非常に遅いです。
(気温の経過からすればちょうどいいタイミングと自負しているのが危険なところですが)
今月末から来月にかけてようやくアウター類が到着するので、
もうしばらくお待ち下さい。
そんな最中、ようやくシャツが届きました。
ご存知の方はそれほど多くないブランド「brusco,k」です。
様々なブランドのパターンを引いているので、あまり表舞台には出てこない方。
国内でもここまで拘ったブランドは数少ないでしょう。
本日ご紹介するシャツも、値段は決して安くはありませんがそれに見合ったモノです。

■button down shirt WHITE/BLUE

■button fly down shirt WHITE/BLUE
襟の仕様を除けば同じ仕様ですので、button down shirtでご紹介します。

button fly down shirtは隠しボタンダウン仕様です。


まずは襟のカッティング。
よく見かけるカッティングとは少し異なる形。
先に向かうにしたがって細く、ややねじれ、傾く。
ロングポイントは、ともすればビジネスタイプに偏りがちではありますが、一工程を加えることで払拭されます。

最後は手縫いで閉じ込められています。


ボタンは3mmの貝ボタン。鳥足掛け。根巻き。
クラシコイタリアのディテール。
しかしボタンダウン仕様でオックスフォード生地。
私が申し上げたいこと、分かる方には分かるかと。

台襟部分の縫い付けも手縫い。


アームも最後は手縫いで閉じられています。
手縫いのメリットとしては、糸が着込んでいくごとに柔らかく沈み込み、窮屈さを感じずに着られます。
その反面、ミシンとは違い強度は弱まりますので、意図がほつれるリスクは御座います。
もちろん手縫いだけで仕上げると、見た目の印象や雰囲気はよく仕上がります。
ただ、それは「作品」として認識されるものにもなり兼ねない。
あくまでも、「着る」ということを念頭におくことも大事ではないかと思います。
着る、洗う、乾かす。その繰り返しで風合いが良くなるのが一番理想です。
ですので、ミシンと手縫い、両方を取り入れているシャツは非常にバランスがいいかと個人的意見。
また、今回の2色共にオックスフォード生地を使っているのも経年変化を楽しむためでございます。
あまり神経質になりすぎない。経年変化を楽しむのには欠かせないことです。

フロントタブはシャツが本来下着であった頃のディテールをそのまま踏襲。

フロントのラウンドしたカッティングもクラシック。1930年代のシャツにも見られるデザイン。




カフス部分はやや斜めにカッティング。
袖から手首まで立体的に沿う曲線美。
そして独特な形の剣ボロ。
袖付けは二枚袖を後付けすることで立体に。
分かりやすく表現すれば、「テーラードジャケットと同じ」ということです。
シャツですが、ジャケットと同じ工程で作成されたもの。

サイドにはガゼット。


バックシルエット

剥ぎのないヨーク。

両サイドにギャザーのみ。

裾巻き3ミリ。
ドレス仕様。内側には汗止め。
このディテールに関しては、なかなか見ることが少ないと思います。
必要ではないディテールと言われる点ですが、
ルーツを考えれば省くことができないところ。
クラシックと銘打っているものは多々御座いますが、
外見だけでなく内側にも気を配っているところは少ないかと。
着用している者自身しか理解していないところですが、
そういうのも必要でしょう。
まだまだ書くことは多いのですが、
1から10まで書いてしまうと楽しみが半減しますので。
そして、一番の醍醐味である立体的な着心地は是非ご自身で。
巷で聞く立体とは訳が違います。
それでは、最後に値段を。
税抜きで38,000円。
高いか安いかという判断だけではない、そんな思いをお持ちの方は是非見てください。
↓お気軽にお問い合わせ下さい↓


SHOP 【ASHOES(アシューズ)】
330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町3-102-1-1F
WEBサイト→ オフィシャルサイト
通信販売電話:048-650-7000 (12:00-20:00)
店舗専用電話:048-650-7008 (12:00-20:00)
業者様専用電話:048-650-7007
FAX:048-650-7006

ショップtwitter→ ashoes_staff

facebookページ→ASHOES 大宮店


カテゴリー: brusco,k ブルスコ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です