CLASS(クラス) Expansion

こんにちは。
本日は先日15FWの展示会へお邪魔させて頂いた「CLASS(クラス)」の15SSアイテムをご紹介。
2015SSのテーマは、1930年代から1950年代にアメリカンスタイルを確立したファッションデザイナー“Claire McCardell”の服作りに対する哲学に着想を得ています。
複雑な縫製技術を多用せず、着回しや扱い易さに重点を置き、スポーツ・ミリタリーウェアの機能性を取り入れ、現代のテクノロジーを駆使した新しい素材を用いた“EASY ELLEGANCE”なコレクション。
CLASS
CLASS クラス Expansion GREY/CLASS クラス Expansion GREEN
今回ご紹介するこちらのパンツに使われているのは「ウルトラスウェード」
CLASS
「ウルトラスウェード」とは
1970年に東レの最先端技術を集結して行われており、断面積比で髪の毛の400分の1という細さの原糸を用いて作られたスエード調人造皮革。日本ではエクセーヌ、アメリカではウルトラスウェードというブランド名で展開し、特にファッション業界にて注目を集めました。
耐久性や耐光性・難燃性が極めて優れており、通常の本革スウェードや合成皮革と比較しても手入れに手がかからない点から、高級車の内装に比較的本革を多用するヨーロッパでは1980年代になってから、維持に手間を必要とする本革にとって代わる高級素材として徐々に普及しています。メルセデス・ベンツやBMW、アストンマーチンなど、多くメーカーで内装生地として使われています。さらに、天然皮革ではありえない洗濯が可能という特性を持ちます。
今回はさらに特殊加工を施すことで表面をドライなタッチに仕上げています。
(15FWではコーティング加工なんかもありました)
このようなハイテク素材を用いたパンツ。
そして、ベースに用いたのはずばりなアメリカのヴィンテージスウェット。
CLASS
CLASS
CLASS
CLASS
正直なことを申しますと、シルエットの洗練さなどは皆無と言っても等しいです。
ウエストのドローコード仕様・最低限のポケットディテール・機能性しか考慮されていない股下のマチ・ぴったりしまる裾のリブ加減。
「野暮ったい」
そんな表現がぴったり当てはまるベースの型。
しかしそこにハイテク素材「ウルトラスウェード」を掛け合わせる。
完全に相反する二つの要素が入り混じることで完成した摩訶不思議なパンツ。
シルエットはゆるいです。股上は深いです。
それでもスウェット素材では生まれない独特なドレープ感と素材の風合い。
「恒久的なアイテムをアヴァンギャルドに、アヴァンギャルドなアイテムをリアルクロージングに」
本当にこのフレーズが当てはまるモノだと感じます。
難しいアイテムであればあるほど刺激されてしまう、ファッション好きの心。
「これ、合わせるの難しいからやめとこ」
ではなく、
「これどうやって合わせよう」と考えること。
簡単な時代になった今だからこそ、初心に戻るのも大切じゃないでしょうか。
是非、お試し下さい。
CLASS クラス Expansion GREY/CLASS クラス Expansion GREEN
↓お気軽にお問い合わせ下さい↓


SHOP 【ASHOES(アシューズ)】
330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町3-102-1-1F
WEBサイト→ オフィシャルサイト
通信販売電話:048-650-7000 (12:00-20:00)
店舗専用電話:048-650-7008 (12:00-20:00)
業者様専用電話:048-650-7007
FAX:048-650-7006

ショップtwitter→ ashoes_staff

facebookページ→ASHOES 大宮店




カテゴリー: CLASS クラス, モード,mode パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です