Makers V TIP LOAFER

こんにちは。
それにしても降るんですかね、雪。
私は降らない方に賭けます。
さて、本日は先日の受注会が大好評で幕を閉じた「Makers メイカーズ」のご紹介。


Makers メイカーズ
V TIP LOAFER BURGUNDY

使用している革は、ホーウィン社製コードバン。
簡単にですがご紹介。
コードバンとは、農耕馬の臀部からとれる皮革。
一頭からとれる量が限られています。
(靴の型にもよりますが、一足半から二足ほどしか作れないという話も。)
その希少性から「革のダイヤモンド」とも呼ばれます。
通常の革が「床」と呼ばれるベースの上に「銀面」と呼ばれる表革が張付いている2層構造なのに対し、
コードバンは「床」であるコードバン層のみを使用する単層構造。
その表面をバフィングして仕上がったもの。
(イメージとしてはスエードに似たイメージを持つ方もいらっしゃるかと。)
そのコードバン、
タンナーは世界に数社あるものの、靴に用いられているのはほぼホーウィン社製のもの。
オールデンがシェア率7割近くという中、
Makersは特1級という最高ランクのものを用いています。
そんな革であっても、届いたものに厚さのムラが出るのは当然。
Makersでは、デザイナーが一枚一枚を手で薄く剥いでいるようです。
そんな気の遠くなる作業ですが、長く履くことを考えた上では最も合理的だったのでしょう。
まだまだ長くなりそうなので、ディテールへ。

ここでのMakersの拘り部分は、上の写真のように断面をむき出しにしていること。
靴に対する自信の表れです。
これは、誤魔化さずにしっかりとした厚さの革を全てのパーツに使用していることの証明。
派手な見た目ではありませんが、このディテールはかなりインパクトを与えます。
薄く剥いで見た目だけを追求し、数年後には買い替えなければならないのは悲しいこと。
Makersは長い年月を共にできることを、言葉は無くともディテールで語っています。

ローファーでVチップというのは、なかなか見かけないデザイン。
シェイプすることでローファー特有の小さく見える印象を覆しています。

甲の抜き穴はオリジナルデザイン。
ローファーでは顔になるところ。

サイドアングル。
ローファーでは珍しく、足の甲部分まで覆われるデザイン。
これによりフィッティングがさらに向上。

バックアングル。
ソールの高さに負けないボリュームを出しつつ、
シェイプした形はもはや色っぽささえ感じます。(変な意味ではなく)

ソールにはオイルを染み込ませたベンズレザーを使用。
通常のレザーソールとは履き心地が雲泥の差。
ラバーソール並というと言い過ぎかもしれませんが、非常に歩き易い仕上がり。

踵部分にはビルトライト社。
個人的にはここに惹かれました。
なかなか珍しいのです。ツウ好みなポイントでしょう。

さり気なく入るブランドネーム。
職人の拘りは細部に宿ります。
そして、注目して頂きたいのがラストのシェイプ具合。(この幅、かなりギリギリです)
これこそ、Makersを試着された方がこぞって仰られる「フィッティングの良さ」のポイント。
従来の革靴では滅多に味わうことのない、
土踏まず部分から自然と押し上げられる感覚。
これは履いたものだけが分かる幸せ。

内側にはヘリンボーン生地を一枚あてています。
こうすることでアッパーのコードバンに極力ダメージを与えないようにしつつ、
靴の内部の通気性を向上。

通常のレザーシューズよりやや張り出したコバ。
この張り出しのバランスは地味なポイントでありつつ、
スタイリングを左右する重要なところ。
パンツが細くても太くても問題ない絶妙な幅に仕上がっています。
まだまだ言い出すとキリがないです。
ということで、次はエイジングを。
デザイナー所有のサンプル



どうでしょう。
見比べてみると

これが

こうです。

ここが

こうです。
皺が入ることで色合いに濃淡が現れ、
より光沢が美しく見えます。
(文章より写真の方が説得力あるな…)
コードバンの性質上、色は抜けていきます。
このサンプルはブラウンカラーのワックスを用いて手入れしていたので、
やや濃い色合いに変化したと思われます。
Makersの靴はまだまだ書き出すと止まらないので、
一先ずこの辺で。
続きはWE…
ではなく、店頭でお待ちしております。
皺の入り方や色合いに至るまで、
すべて同じ変化が起こらないのが革の醍醐味。
是非、自分ならではのエイジングを楽しんでください。
Makers メイカーズ取り扱いラインナップはコチラ
↓お気軽にお問い合わせ下さい↓
SHOP 【ASHOES(アシューズ)】
330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町3-102-1-1F
通信販売電話:048-650-7000(12:00-20:00)
店舗専用電話:048-650-7008(12:00-20:00)
業者様専用電話:048-650-7007
ファクシミリ:048-650-7006
E-MAIL:support@ashoes.co.jp


カテゴリー: Makers メイカーズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です